お菓子屋さんの塗装情報を、長野県松本からお届けっ★


ご紹介してきた松本市の安曇野菓子工房 里菓抄まる山 氷室店さんの施工がついに完了しましたので、それまでの経過をお知らせします。

人気のお店なのでいつも沢山のお客様で賑わっており、駐車場には車も止めてあるので、塗料がつかないようしっかり養生!
塗装作業

 

アップルペイントでは、建物の基礎立ち上がり部分の塗装も行なっています。
基礎の部分って、見たことありますか?
植木などで見えなかったりしますが、外壁下側のコンクリート打ちっぱなしのところです。
基礎

 

この部分も壁と同様、経年劣化や地震などでヒビが入ってしまうことがあります。

そこから水分が浸入すると建物の痛みの原因となるため、そのヒビ割れ対策として、塗装と併せて施工される方も増えているそうですよ。

ぜひ一度ご自宅の基礎の部分を、チェックしてみて下さい!

基礎の塗装作業

 

建物裏側にある木の仕切り壁にも、木部塗装を行ないます。

塗装することで、劣化しやすい木の保護にもなりますね♪

木部の塗装作業

 

最後に、アップルペイントの現場管理者が実際に現場で検査をし、入念なチェックを行ないます。

完了検査中

 

厳しい完了検査が終了しました!

( ´¬`) ワ〜イ !!

●施工前

壁にシミのようなものがありましたが、、、

施工前

 

●施工後

キレイになりました☆☆

施工後

 

きれいな外観になって、オープンしたてのようによみがえりました。

店内のお菓子もみんな美味しそうで、江古野はいつも迷ってしまいます (´ρ`)ノ゛

菓子店店内

みなさまも落ち着いたカフェスペースに、是非一度訪れてみて下さいね。

 

 

住所:長野県松本市梓川倭2656-1

 

今回の取材で江古野は、車が汚れたりしないように養生するなど、家の周りにもしっかり気を配って作業しているんだな、と改めて実感しました。
また、最後の完了検査も管理者が責任を持ってしっかりやってくれる・・・
これなら留守にしても、安心してお任せできちゃいますね (゚∇^)
 

 

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

 

まだまだ雪が残る長野県松本から、今日も外壁塗装の情報をBlogで配信!

 

本日は、引き続き松本市にある安曇野菓子工房 里菓抄まる山 氷室店さんの塗装の様子を、お伝え致します。
ちょっとお天気は寒空だったのですが、、、養生作業が進んでいました!
先日立てた足場にも、養生材が巻かれています。
これで江古野がカメラに夢中になって足場にぶつかっても、痛くないですね 。(*^▽^*;)ゞ

養生1

 

窓や看板、雨どい、電源コードなど、塗装が付かないよう端の部分まできっちり覆われていますっ。

養生2

養生3

養生4

 

特に窓の部分など、風をはらんでビニールがバタついて騒音が出ないよう、ぴったりと貼られています★
この細かい準備が、仕上がりに影響してくるんですね。

美しい工事は美しい養生から、。。。養生って大事 (*´∀`)b


そして塗装が始まりました。
簡単にご紹介致しますね♪

 

●下塗り(下地材を塗ります)

外壁下塗り作業

 

●中塗り(塗料を塗ります)

外壁中塗り作業

 

●上塗り(塗料を二度塗りします)

外壁上塗り作業

 

写真でご覧頂いた通り、ローラーでは塗りにくい細かい部分や塗り残しは刷毛を使い、作業する場所によって使い分けて丁寧に塗っていきます。
刷毛塗りは職人による力の差が出やすいそうで、刷毛塗りで均等にきれいに塗るには熟練の技術がいるんですって (ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

だから、職人魂センターで職人の皆が訓練していたんですね・・・!

日々技術力の向上に力を入れているからこそ、お客様にも信用して頂けているのですね

。*:゜☆ヽ(*’∀’*)/☆゜:。*。

 

・・・次回は、完成したところをお伝え致します。

 

 

今日も元気に長野県松本から、お菓子屋さんの施工事例をBlogで配信!

 

今日はいよいよ建物の周りに足場が架設されるということで、さっそく松本市にある安曇野菓子工房 里菓抄まる山 氷室店さんへ行って参りました。
雪かきした後の雪がまだ残っておりますが、いいお天気!
しかし気温は低いので、江古野のカメラを持つ手も、すぐかじかんで来ます。(ん、かじかむって方言かな?凍えるという意味です(;^_^A )
前回の里菓抄まる山さんのお話は、コチラ

 

お店に到着すると、アップルペイントのトラックが!
沢山の足場用部材が積まれてますが、もうだいぶ作業は進んでますね。

トラック

足場と職人

 

パイプなど一つ一つを所定の位置に運び、足場を組み上げていきます。
頑張る職人さんの後姿、アップルペイントのブランド「職人魂」の文字に、江古野も気合いが入ります (`Д´)ゞ

足場での作業

足場と職人2
 

さていきなりなんですが、ここで足場豆知識のコーナーです!
写真にもあります上のほうに斜めに渡してあるパイプ、何のためかわかりますか?
「火打梁(ひうちばり)」といって、足場の揺れを防ぐための補強材なんですっ。

火打梁(ひうちばり)


角のタテヨコ直角になっている足場のパイプとこの火打梁とが二等辺三角形になるよう、45°の角度で渡します。
何か力を受けた時に歪んだりひしゃげてしまわないよう、強度を増すために付けられているんですね!


それからこんなものも発見 w(゚o゚)w オオー!
足場の一番下、足の支える部分をジャッキベースといいますが、そこにカバーのようなものが付いていますっ。

アンダーベース


これは「アンダーベース」というジャッキの下に敷く、敷板(しきいた)です。
土の部分などに足場を立てた際、ジャッキが沈み込んでしまわないようにするためだそう。
なるほど!これならしっかり安定しますよね☆ w(゚ー゚)w
大事な足場がぐらついたりしたら、大変です!

 

また設置するのは地面だけでなく、建物の床だったりする場合もあります。
傷をつけたりすることのないよう、そんな細かい配慮もされているんですね♪


そしてこんな場所にも (゚ロ゚)
高いところも塗るので、しっかりした足場は必須なんですね(隣は田んぼです)

足場
 

足場一つとっても様々な工夫がされているんだなー!、と勉強になった江古野でした

(゚-゚)フムフム
さあ、足場を立てた後は、塗りの作業に入っていきますよ★
 

 

年が明けて日に日に冷え込みが増す長野県松本から、お菓子屋さんの塗装情報をBlogで配信!

寒がりな江古野ですが、負けずに頑張るゾ

p(・∩・)q

 

今回は長野県松本市にある安曇野菓子工房 里菓抄まる山 氷室店さんへ、取材のご挨拶に伺って参りました。

江古野もお店の前を通りかかったことはあったのですが、訪れるのは初めて!

石壁が印象的な、とってもお洒落なお菓子屋さんです。

店舗外観1

店舗外観2

 

店内も広々☆

美味しそうなケーキや焼き菓子などが、たくさん並んでおりました。

スイーツ好きには、天国のような空間です★

店内

 

カフェスペースもあるので、ここで一足早く味わうこともできますね。

お菓子に囲まれて、ほっこりしそうです♪

カフェスペース

 

どんな施工がされていくのか、楽しみです。

またご紹介していきますので、どうぞお楽しみに

(*´∀`*)ノ

 

1

Search

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

木のぬくもりを大切に…

アップルペイント|評判,口コミ,塗装 神社仏閣や文化財に昔から使われていた伝統的な特殊技術法を、当社が一般住宅用に技術開発。木部専用塗料で温かみのある風合いを取り戻す「木部再生」は高い技術の証です。

日本の伝統建築を次世代へ!

アップルペイント|評判,口コミ,塗装 高額費用がかかるといわれている「蔵」の改修工事を、当社の蔵専用塗料と特殊技術で解体費程度の予算でよみがえらせる簡易改修工法は、全国初の技術です。

アップルペイント株式会社

評判|アップルペイント|口コミ|塗装 会社概要
 設立:平成15年4月10日
 本社:長野県松本市
    村井町西2-2-16
 HP:アップルペイント株式会社
 TEL:0120-57-9566
 支店:松本|伊那|飯田|長野
    佐久|岐阜

業務内容
 住宅塗装・防水・屋根塗装
 アパート・店舗・企業向け改修
 土蔵簡易再生工事
 木部再生工事
 その他、塗装特殊塗装全般
 塗料検査代理業務
 塗料卸業務

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM