現在の紙幣のデザインが一新され、新紙幣になると発表されましたね!

元号に続き色々なものが新しくなっていきますね〜(^-^)

気温も温かくなり、春を感じられる季節になりましたね!

早く満開の桜の木の下でお花見したいですね〜✿

 

さて、今回ご紹介するのは長野市の築10年のお宅です!

落ち着いた色合いのオシャレなお宅ですね♪

画像の名前

 

この度は近隣のアップルペイントの施工現場を見て、

コケなどお家の気になっていた点を当社のアドバイザーに相談したところ

自分のお家もぜひ施工したいということでご依頼をいただきました。

 

それでは施工の様子を見てみましょう!

 

●足場架設

作業する職人さんが安心して作業に取り組めるように、
足場を手際よくかつ丁寧に声をかけ合いながら組み立てていきます。

画像の名前

 

●養生

塗料がつかないよう、壁以外の箇所を養生します。

画像の名前

 

 

●高圧洗浄

汚れが残ったままではうまく塗装ができないため、

高圧洗浄機で10年分の汚れを落としていきます。

画像の名前

 

 

●外壁塗装

外壁は元の印象を崩したくないというお客様のご意向から、

High-フッソで元の色と同じ塗料を使って塗り替えました。

 

High-フッソについて詳しくはこちら

画像の名前

 

●屋根塗装

職人の手作業でムラなくキレイに塗られていきます。

屋根はエコサーモAPという太陽からの赤外線をカットして
室内温度の上昇を抑える遮熱屋根塗材となっています!

暑い夏に向けてピッタリの塗料ですね!

しかも!環境省にも認定された付加価値のある屋根塗料として、

利用されてる方も多いんですよ♪

画像の名前

 

画像の名前

 

 

それでは、どんな仕上がりになったのでしょうか!

 

● befor

画像の名前

 

● after

画像の名前

 

元の印象を崩さないお客様の希望に沿ったお家に仕上げることができました!

ピカピカでさらに素敵なお家になりましたね!(^^♪

 

屋根、外壁など他にも気になる点がございましたらお気軽にご相談ください!

診断士が大切な家の現状をしっかり診させて頂きます♪

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

ついに!新元号「令和」が発表されましたね!
残り少ない平成も頑張っていきましょう!\(^o^)/

 

すっかりぽかぽか日和が続いていますが、
みなさん花粉は大丈夫でしょうか?
今年も沢山飛んでいるようなので、しっかり対策していきましょう!L(’ω’)┘

 

今回ご紹介するお家は長野市の一般住宅です!
ところどころがレンガ調の壁になっていてかわいらしいお家ですね♪

画像の名前

 

しかし、よくよく見てみると…

画像の名前

 

外壁に汚れやカビなどが目立つ部分がありますね(*_*)

今回はそんな気になる汚れも含めて
お家をキレイにしていきたいと思います!

 

●足場架設
足場を架設していきます。
玄関には安全面も考え保護材を取り付けます。

画像の名前


●高圧洗浄
塗装作業に入る前にお家の汚れを高圧洗浄機に
よって落としていきます。

画像の名前


●外壁塗装
お客様のお家を元の印象を崩さず
キレイにしたいという意向から、
今回はHigh-フッソスーパークリアという
無色透明の超候性塗料を使用しました。
既存の外壁材を活かし外壁を塗りつぶすことなく
大事なお家を美しく、強く、長く保つことができるのが特徴です☆

画像の名前

 

●コーキング補修
今回はクリア塗装ということで当社のアドバイザーが
カラーコーキングを提案させていただきました!
クリア塗装は外壁の色がそのまま仕上がりに出るため、
補修材でもあるコーキングを外壁の色と馴染むように
色を選びました。

画像の名前

 

画像の名前


ここの色決めはなるべく近い色の見極めをするため、
長年の経験を持つ職人さんしか行えない
難しい作業なのです!(゚o゚;

画像の名前

 

このように、レンガ調の壁の部分も違和感なく仕上がりました!

 

●屋根塗装
屋根の塗料はエコサーモAPという太陽からの赤外線をカットして
室内温度の上昇を抑える遮熱屋根塗材を使用しました。
下塗り、中塗り、上塗りを繰り返して職人の手によって
丁寧に塗られていきます。

画像の名前

 

画像の名前

 

画像の名前

 

屋根塗装が終わった屋根がこちら!
ピカピカに輝いていますね☆

画像の名前

 

それでは、できあがったお家を見てみましょ〜!

 

● befor

画像の名前

 

● after

画像の名前

 

元のかわいらしい印象は一切崩れず、
キレイに仕上がっていますね!
お家がとてもキラキラして見えます!(≧∇≦*)

 

アップルペイントではお家のイメージを変えるだけでなく、
新築の美しさを取り戻したい!長持ちさせたい!
などのご要望もいつでもお待ちしておりますので、
お気軽にご相談くださいね♪

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

今回ご紹介するのは、
創業44年の飯田市の焼肉店「京城園(けいじょうえん)」さんです!
京城園さんは国産にこだわった鮮度のよいお肉だけでなく、
44年間愛され続けている京城園さん「秘伝のタレ」が
売りのお店です♪

画像の名前

 

そんな地元に愛されている京城園さんの施工現場を早速見てみましょ〜!

 

●足場架設
この建物に合った足場が架設されていきます。

画像の名前

 

職人魂のイメージシートが貼られていますね〜!
これで、どこの会社が工事をしているか分かって
お客様も安心ですね!

画像の名前

 

お店が夜からの営業のため、
来店したお客様の車が足場に当たらないよう、
灯りを取り付け安全面の配慮を怠りません。

画像の名前

 

●外壁塗装
お店の印象を崩さず、キレイな状態を
長く保ちたいというご意向の他に、
夏場の室内温度が気になるというご相談から、
今回はスーパーセラミックシリコンAP 遮熱タイプ
という遮熱外壁塗材を使用しました。
この塗料は夏場も快適な温度を保ってくれるんですよ♪

画像の名前

 

●外壁仕上げ
さらに、今回は仕上げとして
さざ波仕上げという塗り方をしました。
凹凸模様のオシャレな壁は
お店のイメージにピッタリですね♪

画像の名前

 

●屋根塗装
今回は外壁だけでなく、屋根にも遮熱塗材を使用しました。
エコサーモAPという太陽からの赤外線をカットし、
室内温度の上昇を抑える遮熱屋根塗材です。
塗料にそんな力があるなんて凄いですね!
お店など利用されているお客様も多いんですよ♪

画像の名前

 

この塗料を職人の手作業で何度も重ね塗りしていきます。

画像の名前

 

外壁にはレンガ調の部分もあるため、
元の印象を崩したくないというお客様のご意向に沿い、
無色透明の超耐候性塗料
High-フッソスーパークリアで自然に仕上げました。

画像の名前

 

●木部塗装
木部の箇所もあったたため、そちらも
キレイに塗り替えました。
寺社仏閣に用いられている技術
このような所にも使われるのですね♪

画像の名前

 

画像の名前

 

なんと!今回は内装の木部もキレイに塗り替えました!

 

●befor

画像の名前

 

●after

画像の名前

 

剥がれてしまった部分も見事に補正されていますね!

 

●ニス仕上げ

店内や看板にはニス仕上げが施されました。
小さいお子様からご高齢の方までくつろげる空間でありたいという
お店の思いがつまった店内が、全てピカピカに仕上がりました!
さらに居心地のよい空間になりましたね(´∀`*)

 

画像の名前

 

画像の名前

 

画像の名前

 

外装だけでなく、内装もキレイに塗り替えることが
できるなんて嬉しいですね!(^O^)

 

それでは!完成したお店を見てみましょ〜!\(^^)/

 

●befor

画像の名前

 

●after

画像の名前

 

お客様のご意向通り、お店のイメージは全く崩れていませんね!
内装もキレイになりさらに繁盛間違いなしですね!

 

長野県飯田市を訪れた際にはぜひ京城園さんで美味しいお肉を
堪能してみてはいかがでしょうか(^^♪

 

京城園様のホームページはこちら!

 

一般住宅だけでなく、店舗の外壁や屋根のお悩みまで、
アップルペイントのリフォームアドバイザーがいつでもご提案を致します!
お気軽にご連絡下さい!

 

 

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

秋が終わり冬の気配がする松本市から発信!

 

 

今回は、愛知県瀬戸市のお宅をご紹介!
新興住宅街にありますお宅の施工をお伝えします!
築10年のコチラのお宅、タイル調のサイディングがおしゃれなお宅ですね!

 

画像の名前


今のお宅のイメージを大事にしたいとうご希望でしたので
当社のオリジナル塗料『High-フッソ スーパークリア』をご提案したみたいです!
『High-フッソ スーパークリア』は無色透明の超耐候性塗料です。
外壁の意匠性を損なうことなく、さらに鮮やかに美しく蘇らせ、長期にわたり変色や
劣化から住宅を守ります。
お客様のご希望にピッタリな塗料ですね!

 

画像の名前

 

外壁塗装を行う前に高圧洗浄をしていきます。
サイディングの隅々にある汚れをキレイさっぱり落としていきます!!

まずは、コーキング補修をしていくのですが、今回はクリア塗装のため『カラーコーキング』を紹介します!!
クリア塗装は、外壁の色がそのまま仕上がりに出ます。
その為、補修材であるコーキングにも色がついて選べるというわけですね!!(。 ・д・)-д-)ふむふむ

 

画像の名前

 

画像の名前


ここで色が違うと浮いてしまうので、綿密に元の色と色見本を比べ色を合わせています★
ここの色決めでは、なるべく近い色の見極めをするのに長年の経験が必要らしいですよ!!

 

色が決まったらコーキング補修をしていきます。

 

画像の名前

 

補修をしても、このように色がなじみ、違和感がありませんね!!∑d(゚д゚*)ィィ!!

 

画像の名前

 

そして、ここから外壁塗装に入っていきます★

 

画像の名前

 

1回塗った上にさらに重ねて塗装していきます。
そうすることによって、よりツヤがでるそうですよ!!

 

画像の名前

 

そして、外壁だけでなく、家全体をキレイに塗装していきます

 

◎外塀塗装

 

画像の名前

 

◎基礎塗装

 

画像の名前

 

画像の名前

 

こちらの基礎塗装も外壁同様2度塗りしていきます!
基礎は家の土台となるので、しっかり厚めに塗るんですね! 

 

◎ベランダ防水塗装

 

画像の名前

 

画像の名前

 

ピカピカになってとてもきれいですね!!スッスゴィ...(゚Д゚ノ)ノ
これで雨水などが家の中に浸透する心配がなくなりましたね!!

 

ここから現場監督がお施主様の要望どおりの仕上がりになっているか職人さんと一緒に細かく
検査していきます。

 

画像の名前

 

これなら安心安全ですね!

これで全工程が終了しました★

 

画像の名前


『High-フッソ スーパークリア』を塗装すれば大切なマイホームが新築の美しさが戻り、
それを長持ちすることができますよ!

これでこの先も、家族で安心して暮らすことができますね!(・ω<)☆
家は建ててから10年が区切りといわれていますので、ぜひ一度無料の外壁診断を受けてみて下さいね。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

 

猛暑の夏から、秋の涼しさに変わりつつある松本市から発信!

 

今回は、岐阜県可児市のお宅の施工をお伝えします。
タイル調の外壁がポイントの、オシャレなおうちです!

施工前

築11年のこちらのお宅、以前ご紹介したお宅と同じ団地内にあります。以前の記事は、コチラ
この団地内では、アップルペイントで施工したお宅が8件程あり、
周りのお宅の施工現場を見て、工事の依頼を決められたそうです。

 

 

こちらのお宅は、新築時のデザインを保持したいとのことでしたので、
サイディング部分は色を変えずに、外壁を保護する塗料で施工するとのことです!


使用する塗料は、「High-フッソ」 「High-フッソ スーパークリア」の2種類を部分的に使い分けて、施工していきます。
塗料に関する詳しい記事は、コチラ

 

 

それでは、施工内容を見てみましょう(*゚▽゚*)ワクワク
今回の工事する箇所は、外壁、屋根、ベランダ、基礎、ウッドデッキになります!

 

 

足場がしっかりと組まれ、工事スタート!

足場

 

 

●外壁塗装

足場

 

塗らない箇所をしっかりと養生をしていますね!
塗装を綺麗に仕上げるのに必要な、とても大切な作業です (_ _)うんうん

 

 

「High-フッソ スーパークリア」

タイル

タイル調の外壁には、意匠性を活かすクリアの塗料を使用しています。
愛着のある外壁を、美しく、強く保つにはピッタリな塗料ですね。

 

 

「High-フッソ」
・下塗り

下塗り


・中塗り

中塗り


・上塗り 

上塗り

元の外壁の色と同じ色味の塗料を使い、新築のような美しさを蘇らせます。
何回も重ねて塗る事により、耐候性がアップするんですね!∑d(*゚∀゚*)チゴィネ!!

 

 

 

●基礎

基礎

基礎はあまり目に入らない場所ですが、経年劣化で傷んでる事が多いようです。。。。
お家の土台となる部分、しっかりと保護することが大切ですね!

 

 

 

●屋根(カバー工法)

カバー工法

 

 

●ベランダ(防水塗装)

ベランダ防水

 

ベランダ防水

ベランダ部分も防水塗装することで、水切れ良く美しくなります!

 

●ウッドデッキ

ウッドデッキ

ウッドデッキはご主人の手作りみたいです!

スゴオォ――(☆≧艸≦☆)――イィィ!
長く使っていけるよう、木部用の保護塗料でしっかりと保護いたしました!

屋久島のベンチの塗装にも使用されている、安全に木部を守る塗料です!

 

 

最後に、施工管理部がしっかりと仕上がりをチェック!

画像の名前


お施主様にも仕上がりを確認していただきました!

画像の名前

 

 

画像の名前


元のお家のイメージをそのままに、新築のようにピカピカになりました!

 


これでこの先も、家族で安心して暮らすことができますね!(・ω<)☆

家は建ててから10年が区切りといわれていますので、ぜひ一度無料の外壁診断を受けてみて下さいね。

 

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

 

 

ここ松本市も最高気温が35℃を超える猛暑日が連日続いていましたが、お盆あたりからちょっとずつ落ち着いてきました。

夜には虫も鳴いていて秋の気配も感じる信州から、外壁塗装情報をBlogで配信!

 

本日は、松本市のお宅の施工をご紹介致します。

元SMAPキム○クさんの別荘がある!?という都市伝説のある高台の住宅地にあり、築7年半の素敵なおうちです。

赤いドアとポストがおしゃれですね☆

施工前外観

 

施工前外観_玄関

 

特に目立った傷み箇所もないようですが、ご主人が家に対しての意識が高く、傷んでくる前に家を長持ちさせたいと、建てて7年くらいしたらメンテナンスをしようと考えていたそうなんです w(゚o゚)w オオー!

 

裏側にある、2階のウッドテラス!

でも、木部がちょっと劣化してきているようですね、、、

施工前外観_ウッドデッキ1

 

施工前外観_ウッドデッキ2

 

 

 

それでは、施工の様子を見てみましょう♪

 

足場を架設しています。

新品のピカピカしている足場部材です☆

足場架設1

 

足場架設2

 

塗料がつかないよう、壁以外の箇所を養生し、

養生1

 

養生2

メッシュシートが家を囲みます。

メッシュシート

 

「職人魂」のイメージシートですね★

イメージシート

 

写真はないのですが、多少修繕が必要な箇所もあったそうで、左官補修も行なわれました。

 

 

 

<上塗り>

外壁下塗り⇒中塗りと進み、仕上げの上塗り作業です。

外壁上塗り1

 

外壁上塗り2

暑い中、手作業によって丁寧にムラなく仕上げられていきます!

外壁上塗り3

使用塗料は、アップルペイントのオリジナル塗料「High-フッソ」です。

遮熱に特化した塗料とも迷われたそうなんですが、より耐侯性のあるこちらの「High-フッソ」に決められました!!

数ある塗料の中でも紫外線や酸性雨などに最も強い、最高ランクの超耐侯性塗料になります w(゚o゚*)w

 

 

 

施工後を見ていきましょう〜。

●施工前

施工前外観_ウッドデッキ3

 

●施工後

施工後外観_ウッドデッキ1

木目を生かし木を保護する塗装で、また新築時のようにキレイになりました♪

施工後外観_ウッドデッキ2

裸足で歩きたくなりますね!

 

●施工前

外壁施工前

 

●施工後

外壁施工後

 

●施工後

窓枠や付け柱(化粧柱)も、きれいになりました (ノ´▽`)ノ オオオオッ♪

施工後外観_窓枠、付け柱

 

●施工前

施工前外観2

 

●施工後

施工後外観

夏の日差しにもよく映えて、明るくなりましたね☆★

 

 

 

今回は、早めのメンテナンスと、最も耐久性に優れたフッ素樹脂塗料を使ったことで、よりキレイが長持ちすることを実感して頂けるでしょう!

 

まだまだ暑さが続いております。

きれいになって暑さ対策もできる塗料もございますので、是非ご検討されてみてはいかがでしょうか?

大切なお住まいを、一緒に守っていきましょう♪♪

 

 

 

お客様の声はコチラ↓

 

 

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

 

 

今年の猛暑は本当に身体にこたえます・・・、毎日陽射しが痛くて大変です

(υ´Д`)アツー
夏バテ予防にも、水分補給をしっかりしていきましょう〜!

 

今日は、前回の続きで岐阜県可児市のお宅の施工を、お伝え致します。
前回は、施工前の様子をご紹介しました★(記事はこちら)

 

さあ、工事が始まりますよ♪♪
足場が組まれ、洗浄養生がされます。

高圧洗浄

 

養生

 

超耐侯性外壁塗料「High-フッソ」下塗り

外壁下塗り

 

中塗り

外壁中塗り

 

そして、仕上げの上塗り

外壁上塗り

 

バルコニーにも、3層の防水ウレタンコートを施します。

バルコニー防水ウレタンコート

 

かわいらしい塀も、左官補修をしてきれいに塗り直しました♪

ブロック塀左官補修

 

ブロック塀塗装

南欧風のボリュームあるコテ波の意匠も、そのまま生かされています。

 

ブロック塀レンガ補修

レンガのお直しもしましたよ ヽ(*^^*)ノ

 

そして、建物の基礎部分も”さざ波仕上げ”で美しくガード!!

基礎ガード

 

外壁などの色は、LINEで担当者がご主人とシミュレーション画像をやり取りして、じっくりと決められたそうです。

 

<シミュレーション画像>

1階:アプリコット

2階:ミルキークリーム

シミュレーション画像

何だか美味しそうな名前〜・・・(。・ρ・)ジュル

 

 

 

では、仕上がりを見てみましょうか。

 

<before>

施工前外観

<after>

施工後外観

シミュレーション通りに、かわいく仕上がりましたねっ ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ!

 

<before>

ブロック塀施工前

<after>

ブロック塀施工後

塀も新品&かわいい〜

 

<after>

基礎ガード

基礎ガード施工後

 

バルコニーの3層防水ウレタンコート

バルコニー防水ウレタンコート施工後

 

ご近所の評判もよく、奥様のお友達からも「マカロンみたいでかわいい☆☆」とお褒め頂いたそうで、大満足の仕上がりとなりました!

 

台風の激しい雨風にさらされて建物の劣化が進まないように、ぜひ一度無料の外壁診断を受けてみて下さいね。

 

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

 

 

朝晩は過ごしやすいですが、昼間はどんどん暑くなる長野県松本から、外壁塗装情報をBlogで配信!

台風7号が接近して来ているようで、気になります、、、

皆さんも、台風の対策はできていますか?

 

さて今日は、岐阜県可児市の施工紹介を致します!

ユニバーサルホームさんで建てられ、築10年ちょっとという白いバルコニーがポイントのこちらのお宅は、可児市の団地の一画にあります。

 

施工前外観

この辺りはちょうど築10〜15年の家が多いそうで、アップルペイントでもこの団地内で5軒のお宅を施工しており、当社で行なったモデルハウスやご近所の工事をこちらのご主人も見ておられ、工事の依頼を決められたそうですっ。

 

家は建ててから10年が区切りとよく聞きますが、きれいに見えるこちらのお宅にも経年劣化は始まっていたようです。。。

 

目地コーキングの表面塗膜に、クラックが発生!

 

目地コーキングの経年劣化

 

防水切れにより、塗膜にチョーキングが発生!(触ってみて塗料の色が手につく現象は、紫外線、熱、水分、風などによって塗料が劣化してきているというサインです)

 

チョーキング1

 

 

チョーキング2

 

こちらも防水切れにより、冬季凍結による爆裂が進行!(一般的に、雨水が伝いやすい窓下部分に多く見られます)

※爆裂=外壁の亀裂やひび割れから雨水などが浸入し、中に使われているボルトなどが錆びて、周辺の外壁パネルや塗装が持ち上がって剥離を起こす現象

 

爆裂

しかし、なんとこの爆裂の原因は外からではなく家の中からだったようで、ご主人がガムテープで応急処置をされていました!

それを、アップルペイント シーリング部門の職人が中からしっかり防水処理を行ないましたので、これで一安心です ε-(´∀`*)ホッ

 

浴室内コーキング補修

 

当初ご主人は、塗装をするか、外断熱のサイディングを貼るかで検討をされていたそうなんです。

ここ可児市は、日本で最も高温になる市の一つ、多治見市の隣にあるため、家の断熱は欠かせません。

しかし、こちらの住宅はALCという気泡の入ったコンクリートパネルで建てられていて、素材的にもともと断熱性、防火性に優れているので、どうせなら耐久性を持たせたい、というご要望がありました。

そこで、紫外線や酸性雨などに最も強いとされる、耐侯性のあるフッ素を使ったアップルペイントのオリジナル塗料「High-フッソ」をお勧め致しました☆

 

 

 

それでは、次回は施工状況を見ていきましょう。

 

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

 

ついにゴールデンウィーク、始まりましたね!

しかし、江古野は残念ながら連休ではないのです〜(・ε・`*)

皆さんは、どこかお出掛けされますか?

お休みの方もお仕事の方も、張り切っていきましょう☆

 

今回は、前回の続きで愛知県丹羽郡(にわぐん)のお宅の施工を、お伝え致します。

前回は、コーキング補修やベランダの防水とサイディングへの交換作業の様子をご紹介しました★(記事はこちら)

 

いよいよ外壁や、屋根の塗装作業に入ります!

●左官補修

塗装を行なう前に、ひび割れ箇所などを補修します。

この下処理は、とても大事な外せない工程ですっ。

画像の名前

 

●高圧洗浄

壁や屋根の汚れを、高圧洗浄機できれいにしていきます。

こちらも、重要な下処理になります!

画像の名前

 

画像の名前

 

●養生

窓など塗装をしないところに塗料が飛ばないよう、しっかりと養生シートを張っていきます。

画像の名前

 

●屋根ケレン作業

1階トタン屋根の部分は、ケレン掛けという作業をします。

手作業で、職人さんが屋根の状態を見ながら行ないます!

画像の名前

どれも新しく塗り直す前に必要な下処理ですね。

 

●下塗り(屋根、外壁)

こちらのお宅は、アップルペイント オリジナル塗料「エコサーモAP」という赤外線を反射する遮熱塗料を使いますので、その遮熱塗料専用の防水下地材を塗っていきます。

これを塗ることで更に反射率がアップし、遮熱効果を上げることができます★★

画像の名前

 

外壁にも塗料がしっかり定着するよう、専用の下地を塗っていきます。

画像の名前

 

●中塗り、上塗り(屋根、外壁、木部)

外壁は住宅塗料の中でも最高ランクの耐侯性を誇る、こちらもアップルペイント オリジナル塗料「High-フッソ」を塗っていきます。

画像の名前

どの部分も、2度塗りをすることで適切な厚みの塗膜となり、建物をしっかりと守ります♪♪

画像の名前

 

木部は、木の通気性を損なわずに守ることができる、優れた性能を持った木材保護塗料を重ね塗りします。

もしかしたら、木も嬉しがっているかもしれません (*^ワ^*)

画像の名前

 

この他にも様々な細かい工程を経て、塗装の施工が完了致しました

\(^ ^)/バンザーイ

では、施工前と比べてみましょう。

<施工前>

画像の名前

 

画像の名前

 

<施工後>

画像の名前

 

画像の名前

 

画像の名前

 

車庫の木部も、ブラックカラーで締まっていい色になりましたね!

母屋の交換したベランダのサイディングなどとも調和して、まとまりのある素敵な住宅になりました。

 

塗装工事をすることで、傷んだ箇所を修復でき、さらに新築のようにきれいになる☆☆まさにいいことずくめですね。

傷んだ箇所を放置しておくのは、デメリットしかありません (´з`)

ぜひ気になる所は、専門家による無料点検をご活用されてみて下さい。

 

アップルペイントお問合わせ

 

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

 

 

皆さま、オリンピック観てますか!?

このあいだ開会式で始まったと思ったら、もう今日で閉会式なんですね!

あっという間の18日間でした、、、時の過ぎるのは早いものです (;´▽`A``

 

さて本日は、アップルペイントの支店のお話です。

日々、地域の皆さまのお宅を施工させて頂いておりますが、長野県佐久市にある『アップルペイント佐久支店』も、外壁と看板をリニューアル致しました☆

<before>

施工前外観1

<after>

施工後1

以前はブルーのラインとベージュ色の外壁でしたが、ラインは濃い青の瑠璃色に、壁部分はほんのり薄くグレーがかった白である、月白(つきしろ)というオリジナルのカラーになって、生まれ変わりました!!


<before>

施工前外観2

 

施工前外観3

 

施工前外観4

<after>

濃い青と白のコントラストでぴりっと引き締まった感じになりました★

施工後2

 

施工後3

 

施工後4

塗られた塗料は、アップルペイントのオリジナル塗料「High-フッソ」です。

お施主様の建物も私たちの支店も、紫外線や酸性雨など様々な気候条件から、最高峰の耐侯性塗料で守ります♪

 

立て看板も心機一転!、トラック出動で取り替えました。

大通りからよく見えます。

<リニューアル前>

看板リニューアル前

<リニューアル中。。。>

看板リニューアル中

<リニューアル後>。*:゜☆ヽ(*’∀’*)/☆゜:。*。

看板リニューアル後

お越しの際は、この看板を目印においで下さい。

 

明るい商談スペースで、皆さまをお待ちしております 。o@(^-^)@o。

商談スペース

 

お困りごと、ご相談は、こちらまでどうぞ☆☆

 

アップルペイントお問合わせ

 

 

佐久支店の地図は、こちら↓

 

 

アップルペイント佐久支店

住所:長野県佐久市佐久平駅東14-1

TEL:0267-66-0570

 

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

 

 

冬の寒さになりつつある長野県から施工事例をBlogで配信!

今回は上伊那郡南箕輪村にありますお宅の施工事例をご紹介!

 

レンガ調がアクセントに入ったオシャレなお宅ですね♪
こうやって見てみると特に問題なさそうな感じですが・・・・

DSCN9734.JPG

築10年以上のお宅だそうで、外壁やベランダなどの傷みが
気になられていたということでした。

 

少し近づいて見てみますと。。。

DSCN9740.JPG

コーキングが割れて剥がれていますね。
このような状態で放置しておくと雨などの湿気が隙間から入り込み
外壁の反りや曲がりなどの原因になるみたいです。(´;ω;`)

 

 

次はベランダを見てみましょう。

DSCN9728.JPG

DSCN9727.JPG

前の塗料が剥がれて下地がでてきちゃってますね。ヾ(・ω・`;)ノ

こちらも放置しておくと剥がれたところから腐食が始まり、建物の外壁の内部に水が侵入してしまうそうです。
外壁だけではなく、ベランダもきちんとメンテナンスをしていかないとですね。

 

今回は外壁塗装、屋根塗装、ベランダ防水塗装を施工させていただく事になります。
それでは、施工内容を見ていきましょう!

 

●外壁塗装

今回の施工で使用する塗料は「High-フッソ スーパークリア」です。
どんな塗料なのか確認してみましたら、既存のサイディングの感じを損なうことなく、さらに鮮やかに美しく蘇らせてくれるみたいです!
さらに!長期間にわたり変色や劣化から、住宅を守ってくれる塗料なんです!スッスゴィ...(゚Д゚ノ)ノ

1337.jpg

25166.jpg

思い入れのあるお家を、そのままに美しく長年保護する、ステキな塗料です(人*uдu,,)尊敬

 

●屋根塗装

使用する塗料は「エコサーモ」です。

太陽からの赤外線をカットして室内温度の上昇を抑える遮熱屋根塗料なんですよ!

(「エコサーモ」の詳しい記事は、こちら

25168.jpg

 

●ベランダ防水

防水シートを全体に敷き詰め、シートの上から下塗り、中塗り、トップコートと防水塗装を行っていきます。

78.jpg

80.jpg

 

では、施工前、施工後を見てみましょう!

<施工前>

25524.jpg

<施工後>

321.jpg

何層も防水塗装を重ねて、新しくキレイなベランダにになりましたね! ォオ〜!!(゚Д゚ノ)ノ

これで雨や雪が降っても安心ですね!

 

では、全体的な仕上がりを見てみましょう!!

1334.jpg

1333.jpg

建物全体に艶がでて、太陽光で輝いていますね(*´∀`*)ノ。+゚ *。

 

新築、築浅の住宅、思い入れのある住宅をそのままに保護したい、など住宅に関することは
当社のリフォームアドバイザーにお気軽に、ご相談くださいね!

 

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

 

松本市から一般住宅の施工事例をBlogで配信!

 

以前のブログで施工中の現場をお伝えした塩尻市のお客様の完成現場をご紹介!
詳しい内容は以前のブログでご紹介しております。
前回見てない人はコチラもチェックしてくださいね!

 

●外壁塗装

施工前

施工前.jpg

施工前-.jpg

 

施工後

施工後2.jpg

施工後1.jpg

使用塗料「High-フッソ」(超耐久性塗料)

元の外壁のイメージを大切に白く輝く外壁に仕上がっていますね♪

 

●屋根塗装

施工前             施工後

使用塗料「エコサーモ」(赤外線を反射する特殊塗料)

 

●ベランダ防水塗装

施工前              施工後

防水前.jpg   防水後.jpg

 

●基礎ガード塗装

施工前                            施工後

基礎前.JPG   基礎.jpg

 

●塀塗装

施工前                施工後

塀2.JPG   塀1.jpg

 

今回の施工で、屋根、外壁、基礎、塀、ベランダ防水の塗装を施工させていただきました。
これで、今後の暮らしをより安心して快適に過ごしていただけますねヽ(*´∇`)ノ

 

築年数の少ない御宅でも適切なタイミングで屋根、外壁塗装をおこなうことで、長年安心して
暮らせる住宅になります。
タイミングなど、わからないことがありましたら、アップルペイントのリフォームアドバイザーによる外壁診断をお薦め致します。

 

 

 

秋の季節になりつつある、松本市から一般住宅の施工事例をBlogで配信!

 

本日は塩尻市のお客様の施工事例をご紹介!

白を基調とした、すてきな御宅ですね!
築11年と新しめな建物なのですが、この先も長く家を守り、キレイに保ちたいとの事で、この築年数の段階でアップルペイントで施工させて頂く事になったそうです。
築11年といってもその間、外気にさらされていますから、当然外壁には影響がでてきます。

 

これは、江古野も気合い入れて、細かく工程を皆さんにお伝えせねば!!

 

●足場架設
お施主様の御宅はカーポートが外壁の近くに設置されていました。
そのためカーポートの屋根をいったん取外し、足場を架設していますね!
これならカーポートが近くにある住宅でも、安心して任せられます♪

 

 

●屋根塗装

屋根に雪止めが設置されていますね。
このように雪止めがついている住宅でも、施工前にきちんと取外してから施工をしています!

使用する塗料は「エコサーモ」です。
赤外線を反射する特殊塗料なので、優れた遮熱効果を発揮してくれるんですよ!
(「エコサーモ」の他の記事は、こちら

<施工前>           <施工後>

落ち着いた青色で建物に似合いますね!

 


●外壁塗装
足場の架設がされ、職人さんが塗装をおこなっていますね♪
下塗り、中塗り、上塗りと何回もしっかりと塗っていきます!

今回外壁に使用する塗料はアップルペイントオリジナルの塗料「High-フッソ」
(「High-フッソ」の他の記事は、こちら
「High-フッソ」は現在住宅塗料に使用さてている塗料の中で最も耐久性に優れた塗料なんです。
また、雨とともに汚れを流してセルフクリーニングする効果もあるので、長期間の美観が期待できますね! _φ(′ω`;A)ス・・・スヶ〃ェ
水系塗料でシンナーを使わないため、施工中の匂いも抑えられ、お施主様や近隣住宅への影響が少ないのも嬉しいですね♪

 

次回は、全体的なbefore/afterを見てみましょう。
どんな仕上がりになるか楽しみですね♪

 

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

 

 

朝晩はかなり涼しく秋の気配も感じる長野県松本から、エコで暑さ&寒さ対策になる外壁塗装情報をお伝え致します。

 

本日は、山の稜線が美しく見える、風光明媚な大町市のお客様の施工例をご紹介致します!

外壁塗装施工後1(Highフッソ)

 

築21年のこちらのお施主さまが気になっていたのは、部屋の湿気と壁の汚れやひびでした。

外壁塗装施工前1

よく見ると、確かに壁がうっすらと黒っぽくなっていますね。

このような外壁の黒い染みの原因は黒かびや汚れですが、このまま放置すると健康面でも人体に影響を与えかねません、、、(´-`)

 

実はお隣さんの家も最近アップルペイントで外壁塗装をされたところで、ちょうどその施工中にリフォームアドバイザーによる外壁診断をしてもらったところ、湿気対策にもなるよい塗料があるということで、このたびご依頼を頂くことになりました。

当初は、別のお知り合いの業者さんにお願いしようかというお話もあったそうなのですが、ご近所が施工されたということや、アップルペイントのリフォームアドバイザーの丁寧でわかりやすい説明で、ご安心頂けたようです。

 

下地には、以前にもご紹介しましたが、塗るだけで優れた断熱効果のあるアップルペイントのオリジナル塗料「バルーンウォール」を、その上に塗るのは、透湿性に優れたこちらもオリジナルの塗料「High-フッソ」をお薦めしました☆(「High-フッソ」の他の記事は、こちら)

お色は、バニラアッシュというちょっと美味しそう?な名前の塗料になりました。

外壁塗装色見本板(Highフッソ)

一番右側の色です。

大きめな色見本で、色の違いがわかりやすいですね★

(上の色が変わっているところは、左官補修をした箇所です)

 

●左官補修と足場の架設

外壁塗装左官補修と足場1

外壁塗装左官補修と足場2

職人魂足場シート1

この「職人魂」のシートを見掛けたことがある方も、多いのではないでしょうか?

 

●下塗り(バルーンウォール)
外壁塗下塗り1(バルーンウォール)

細かいところは、刷毛で丁寧に。。。

外壁塗装下塗り2(バルーンウォール)

おなじみの多孔質ローラーによる職人技が光る、“さざ波仕上げ”です。

下塗りさざ波仕上げ(バルーンウォール)

超アップで撮ってみました♪
この中の何億もの特殊中空バルーンでしっかり断熱をし、“冬暖かく夏涼しい“を実現するんですね。

 

●中塗り(High-フッソ)⇒上塗り(High-フッソ)
外壁塗装中塗り、上塗り(Highフッソ)

中塗り、上塗り比較(Highフッソ)

中塗り(左)と上塗り(右)の比較です。

 

「High-フッソ」は、数ある塗料の中でも最高ランクの耐候性を誇るだけでなく、優れた透湿性も持っています。

外部からの水をはじき、塗った壁内部の湿気を排出するので、建物の劣化を抑えて大切な住まいを長持ちさせるんです♪

優れた透湿性の図

お施主様の気になられていた湿気対策も、バッチリですね。

更に高い防カビ性もあるため、壁の黒ずみも今後付きにくくなるでしょう (´∀`)ヤッター

 

<施工前>

外壁塗装施工前2

外壁塗装施工前3

 

<施工後>

外壁塗装施工後2(Highフッソ)

外壁塗装施工後3(Highフッソ)

雨どい塗装後1

雨どい塗装後2

お施主様もお気に入りの雨どいの色は、ブルーブラックというシックなお色が塗られていますっ。

見る角度や天候などによっても見え方が変わるそうで、バニラアッシュの壁の色をよく引き立てています!!

塗料の性能はもとより、お色のほうにも十分ご満足頂けたようで、絵古野もうれしいです

(v´∀`)ノ

 

施工が終わって、後日取材をさせて頂いたのですが、ふと見ると職人魂の文字が・・・!

職人魂足場シート2

画面奥です。

右側が今回のお施主様宅、そしてその手前も最近施工して頂いたお客様宅で、皆さましっかりと家を大切にされているんですね、、、☆☆

 

建物は建てたときが一番新しいもの、残念ながらどうしても劣化は避けて通れません・・・。

大事なお住まいを守るため、まずは一度アップルペイントのリフォームアドバイザーによる外壁診断をお薦め致します★★

傷みの度合いによって、そのままにしておくとどうなるか等、詳しく説明させて頂きます。

 

 

お客様の声はこちら↓↓

 

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

 

 

皆さま、夏真っ盛りの中、いかがお過ごしでしょうか? 
梅雨はとっくに明けているはずなのに、ここのところ連日雨模様の長野|松本から、塗装のお話を配信!

 

今日は、築27年という安曇野市のお客様の施工例を、ご紹介致します。
45度というわりと急勾配の大きな屋根が特徴の、緑に囲まれた建物です。
写真ではちょっと曇っていて見えませんが、晴れていると日本百名山の一つである鹿島槍ヶ岳も見えるという、のどかで大変立地の良いところにありました★
施工後外観1

 

奥様にお話を伺ってみると、新潟ご出身の山好きなご主人が、ご自分の足で土地探し、大工さん探しから間取りや使う材木にまでこだわった、精魂込めて建てられた家だそうです。

10年くらい前にも一度塗装工事はされていたということで、本当に家を大切にされているお施主さまなんだなあー、と江古野は感じました。

 

特にお困りごとはなかったとのことですが、アップルペイントのリフォームアドバイザーが外壁にカビのようなものを発見し、診断を進めたところ、施工されることになったそうです。

外壁にコケやカビがついたまま放っておくと、防水性能が劣化し、そこにひび割れなどが生じて雨水が浸入します。

そして、やがては建物の構造体の腐朽につながってしまいます。。。!Σ(゚口゚;

 

外壁の塗料には、こだわりの大切なお住まいを更に居心地よく過ごせるように、優れた断熱効果をもつアップルペイントのオリジナル下地塗料「バルーンウォール」をお薦めしました。

その上に塗るのは、こちらもオリジナルの最も耐久性に優れたフッ素樹脂塗料「High-フッソ」です♪

これでお住まいをしっかり守りますっ(「High-フッソ」の他の記事は、こちら)

 

●下塗り(バルーンウォール)

バルーンウォール外壁下塗り1

同じ方向だけでなく別の角度からも塗り重ねて、厚みを均一に塗っていきます。

バルーンウォール外壁下塗り2

少しアップで見てみましょう、 “さざ波仕上げ”と言われるさざ波のような模様がついています。

バルーンウォール外壁下塗りのローラー

この「バルーンウォール」を使用した下塗りは、穴が沢山あって表面積が多い多孔質(たこうしつ)ローラーというローラーを使って、粘度の高い塗料で波形の模様を付け加える“さざ波仕上げ”工法で仕上げます。

「バルーンウォール」の特徴を最大限に生かせる、意匠性のある工法のようですね。

それにしても何だかこのローラー、乾燥させたヘチマみたい!ヽ(゚∀゚)

 

以前職人さんから聞いたことがあるのですが、この“さざ波仕上げ”で使う塗料は通常の塗料に比べて粘度があり、それがローラーの沢山の穴に含まれるため、塗る際非常に重くなるそうですっ。

確かに重たくなりそう・・・。

職人技が光る工法ですね!!

 

さてこの「バルーンウォール」、・・・面白い名前ですよね?

バルーンって風船のことですが、なんと塗料の中に超小さな気泡である特殊な中空バルーンが、無数に入っているそうなんです!オォォーーー!! w(゚ロ゚;)

 

バルーンのイメージ

1屬△燭蝓1億個も配合されているんですって!!
このバルーンはとても弾力性があり、外気の影響を受けにくくする断熱の層を作ります。

 

この断熱性能を測る真夏での実験結果資料がありましたので、載せておきますよ \(゚∇゚*)
スレート(外壁材料の一種で石質の薄い板)に「バルーンウォール」と一般塗料を塗り、上方から熱エネルギーを当て、表面温度が55℃の時のスレート裏側の温度を比較したものです。

バルーンウォール断熱性実験

結構差が出ますねー、それによって冬は暖かく、夏は涼しく、オールシーズン快適に過ごせるんですね★★

 

またこの断熱層の効果で、元々の外壁素材の劣化も防ぐことができるらしいので、ますます家が長持ちしますね!

お施主様も、大喜びです (p゚∀゚q)

 

●中塗り(High-フッソ)⇒上塗り(High-フッソ)

High-フッソ中塗り

下塗りの「バルーンウォール」で仕上げた“さざ波仕上げ”が生きていますっ。

High-フッソ上塗り1

High-フッソ上塗り2

快適室内を保つ下地塗料「バルーンウォール」と、最高クラスの超対候性で美観長持ちの外壁塗料「High-フッソ」との合わせ技で、おうちの中も外もこれでバッチリしっかり守れますね!

 

更に自慢の大きな屋根も、「エコサーモAP」というこちらもアップルペイントオリジナルの遮熱&防水塗料で、施工頂きました☆

●屋根洗浄

屋根洗浄1

屋根洗浄2

「エコサーモAP」を塗ると、太陽光に含まれる赤外線を塗料に配合した特殊顔料が効率よく反射し、屋根温度が約10〜15℃も下がるそうですっ。

 

●屋根下塗り⇒中塗り(エコサーモAP)⇒上塗り(エコサーモAP)

屋根塗装下塗り(エコサーモAP)

屋根塗装中塗り(エコサーモAP)

急勾配な場所ですが、職人さんに頑張って頂きました!

 

次回は、before/afterを見てみましょう。

仕上がりが楽しみですね★

 

 

お客様の声はこちら↓↓

 

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

 

長野県松本市から、一般住宅の施工事例をBlogで配信!

 

今回は、岡谷市で外壁塗装をされたお客様の施工をご紹介します。
 

お施主様の実家を、お家を建てられてから初めて外壁のメンテナンスをされるという、お施主様のご実家になります。
ご両親から受継いだお家を大切にされており、せっかくならいい塗料でお家を守りたいとのお話でした。
アップルペイントでは様々な塗料を扱っておりますが、中でも最高ランクの超耐候性のフッソ樹脂が劣化を抑えるので、塗るだけで長く美観を保つことができる、オリジナル塗料「Highフッソ」をオススメ致しました!
前回のブログでご紹介したお宅でも使用しています!
最近人気の塗料なんですね♪

 

施工前の写真になります。

ぱっと見問題なさそうですが、近づいて見てみますと、、、、、、

壁面になんだか黒っぽい筋が見えますね
日の当たりにくい方角の壁は、湿気などでコケやカビが繁殖しやすいそうなので、なるべく物を置かないようにしたりして、いつも風通しをよくしておくことが大切みたいです!
 

回の施工で使用した塗料「High-フッソ」は一般的なフッソ配合と違う、本物のフッソ樹脂塗料の配合により、防カビ性・防藻性を格段にアップさせ、カビの原因菌や藻を寄せ付けないとのこと!
そして、外部からの水をはじき、壁内部の湿気を排出して大切な住まいを長持ちさせちゃいます!
外壁に花粉やPM2.5などがついても、雨などでセルフクリーニングしてくれる画期的な塗料なんですよね☆
雨が降ればお家がれいになるなんて素敵です!(*´∀`*)ノ。+゚ *。

 

下塗り⇒中塗り⇒上塗りと塗っていきます!
中塗り、上塗りと「High-フッソ」を重ねて塗る事で、より耐久性を高められるとの事です。

 

細かい場所もしっかり塗っていますね。

では、施工前と施工後を比べてみましょう♪

<施工前>

 

<施工後>

外壁に出ていた染みや傷みも補修され、明るくきれいな壁面になりました♪
これでお施主様の大切なご実家も、お家の美観を長期間保てますねヽ(^◇^*)/ 

 

壁の傷みが気になっているけど、どうすれば?
周りのお家はやっているけど、どのタイミングでやればいいかわからない、、、
そんな時は、当社のリフォームアドバイザーがいつでも診断致しますので、お気軽にご連絡下さいね!

 

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

 

 

どんどんハイペースで暑くなっていく梅雨明けの長野県松本から、外壁塗装情報をBlogで配信!

 

本日は、築15年で初めてメンテナンスの外壁塗装をされた、岡谷市のお客様の施工をご紹介致します。

外壁のサイディングの反りや、コーキング部分の亀裂などがあり、いつかはやらないと、、、と建物の傷みは気になっておられたようです。

 

こちら施工前の写真になります。

施工前1

壁に何となく染みのような、色が濃くなっている部分がちらほらありますね。

 

ご契約頂いた当時、お施主様はどんな塗料で塗るか迷われていたそうです。

そこで、アップルペイントで施工されたお宅を、担当者と一緒に何軒も実際に目で見て確かめられたそうなんですっ。

そして選ばれたのが、当社オリジナルの超対候性フッ素樹脂塗料「High-フッソ」です☆

 

●下塗り⇒中塗り(High-フッソ)⇒上塗り(High-フッソ)

High-フッソ上塗り1

High-フッソ上塗り2

 

「High-フッソ」について社内で調べてみました!!

熱や紫外線に強く、空気中の汚染物質が外壁塗膜についても、その隙間に雨水などの水が入ってセルフクリーニングしてくれる、画期的な塗料なんだそうです★

でも何よりもすごいのは、ダントツの耐久性があって家を守り続けてくれるとのこと!

鉄塔や陸橋、高層ビルなど、メンテナンスが大変な建築物によく使われるというのも納得ですネ

(´^ω^`)

 

●「High-フッソ」上塗り完了

High-フッソ上塗り3

きれいに仕上がっています♪

 

このお施主様は、外壁だけでなくベランダも防水施工をしっかりされました。

●ベランダ防水シート張り

ベランダ防水シート張り1

 

●ベランダ防水下塗り

ベランダにも、しっかり下塗りを致します。

ベランダ防水下塗り

 

●ベランダ防水仕上げ

これで雨も雪も安心ですね d(⌒o⌒)b

ベランダ防水仕上げ

 

年月とともに、ベランダにも外壁と同じように傷みは出てきてしまいます。

防水効果が落ちると、そこから建物の外壁の内部に水が侵入してしまうそうです、、、

それって、外壁をどんなに補修して外部から家を守っても、ベランダも気にしないとダメってことですね!?

防水塗装もこうやって専門的に見てもらい、工事してもらうことが大切なんですね。。。!

 

それでは、施工前と施工後をご紹介します。

<施工前>

施工前外観1

施工前外観2

 

<施工後>

施工後外観2

全体的な色味は変えず、すっきりときれいな壁面に仕上がっています☆☆

ツタワン

窓枠の下に「ツタワン」という水切りも設置されて、サッシから伝ってくる雨水をシャットアウト!

外壁に伝わせません (`ω´)キリッ

 

写真だけではわからない点もあるかと思いますが・・・、実際に以前塗装した家を見て、何十年先までしっかりと家を守りたい、と今回の「High-フッソ」と防水塗装工事を依頼して下さったことが、とてもよく伝わってくる工事でした・・・!!

 

家を守りたいっ、と思っても、具体的に何をどうすべきか?と言われれば、江古野にもなかなか思い浮かびません (f ^_^;)

そんな時は、リフォームアドバイザーがいつでも診断致しますので、今回ご紹介しました“最高峰の『超対候性』塗料”といわれている「High-フッソ」のことも、お気軽に聞いてみて下さいね!

 

JUGEMテーマ:外壁|屋根の防水塗装

 

 

4月に入り気温も20度まで上がるようになって、春を感じるようになって参りました!

こんにちはっ、江古野 林檎です。

今日も元気に長野県松本から、ヘアサロンの施工事例をBlogで配信して参ります☆

 

前回引き続き、塩尻市にある美容室Angel(エンゼル)さんの塗装の様子を、お伝え致します。

 

●コーキング補修

サイディングつなぎ目の目地のところがヒビ割れていましたが、しっかりと補修していきます。

コーキング補修

 

●外壁の塗装

外壁の「チョーキング」現象や剥がれがあったところも、下塗り→中塗り→上塗り、と3工程に分けて塗っていきます。

各工程でそれぞれしっかりと乾燥させることが必要なので、1日1工程となります。

 

<下塗り>

下塗りをすることで塗装面を整え、この後に続く中・上塗りの密着性を良くします。

外壁下塗り

 

<中塗り>

外壁中塗り

 

<上塗り>

塗りを重ねることで、塗料の耐久性を高めます。

軒天上塗り

 

この中塗り、上塗りに使用しているのは、アップルペイントのオリジナル塗料スーパーセラミックシリコンAPというとっても高機能な塗料なんです★

季節の寒暖差などによって外壁が伸び縮みして、今回のように知らず知らずに起こってしまう外壁の傷みもこれでしっかり保護され、予防もできますね♪

 

どうしても雨水が伝いやすいサッシの下は、塗装の剥がれが起きていましたが、「ツタワン」という水切りを設置致しましたっ。

窓枠に合わせて、同じ白を取り付けています。

これで雨が壁に伝って傷めてしまうのを防ぐことができます。

水切り設置(ツタワン)

「ツタワン」についての記事は、こちら

 

Angel(エンゼル)さんは外壁1階部分が腰壁となっていて、おしゃれなレンガ調のサイディング壁を生かすため、この部分は透明な塗料を塗りました。

この塗料もアップルペイントのオリジナルで、High-フッソ スーパークリア」という元の壁面の美しさをそのまま保護できる塗料なんです (‘ )

<腰壁下塗り>

腰壁下塗り

 

<腰壁上塗り>

High-フッソ スーパークリア」は、下塗り→上塗りの2工程です。

腰壁上塗り

 

建物には、部位によって様々な材質が使われています。

工事の際はその材質に適した処理を行なっていますが、ここでいくつかご紹介致します。

●サビ止め施工

<塗装前>

1階天井部分の端のところが、少しさびてきていました。

建物鉄使用部分

 

<塗装中>

鉄部錆止め塗り

対象部分をしっかり塗るため、下から丁寧に塗ります。

この上を向いた体勢、絶対疲れちゃいますよね、、、

お疲れ様ですっ ;´Д`)/

 

●役物塗装(雨どいや軒先の先端部分など)

<下塗り>

外壁以外のところも、下塗りを行ないます。

役物塗装下塗り

 

<上塗り>

役物塗装(窯業)

 

そしてこちらは、ベランダの防水工事です。

防水の施工は、通常の塗装より多い5工程にわたります。

アップルペイントでは、病院やマンションの屋上、工場の床などへする防水施工を、一般家屋にも行なっております。

病院の屋上の防水施工事例は、こちら!

 

●ベランダの防水工事

洗浄後、接着剤の役割を果たすプライマーを塗り、

ベランダ床ウレタン絶縁工法プライマー塗布

 

絶縁シートを敷き詰めます。

ベランダ床ウレタン絶縁工法絶縁シート貼り付け

 

ウレタン防水塗装の下塗りが完了しました。

ウレタン防水は防水層が軽いため、建築物に負担をかけずに複雑な場所へも施工ができる、という点が特徴です。

ベランダ床ウレタン絶縁工法ウレタン2層目

 

次に中塗りをして、最後にトップコートを塗り、仕上げます。

すごい♪輝いていますね。

これで雨や雪が降っても安心です ( ´¬`)

ベランダ床ウレタン絶縁工法トップコート塗り

 

では最後に、before/afterを見てみましょうっ。

<施工前>

建物(施工前)

 

<施工後>

建物(施工後1)

建物(施工後2)

 

かわいらしい色合いはそのままに、明るく生まれ変わりました!!

今回ご紹介致しました塩尻市の美容室Angel(エンゼル)さんは、こちらです。

 

住所:長野県塩尻市峰原185−94

 

 

せっかく外壁の塗装をするのなら、いろいろな機能があるもののほうがいいと思いませんか?

壁の種類によっても、使える塗料は変わってきます。

アップルペイントでは、プロの外壁診断士がお住まいに合わせたご提案を致しますので、是非お気軽にお問合せ下さい。


アップルペイントお問合わせ

 


Search

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

アップルペイント株式会社

評判|アップルペイント|口コミ|塗装 会社概要
 設立:平成15年4月10日
 本社:長野県松本市
    村井町西2-2-16
 HP:アップルペイント株式会社
 TEL:0120-57-9566
 支店:松本|伊那|飯田|長野
    佐久|岐阜

業務内容
 住宅塗装・防水・屋根塗装
 アパート・店舗・企業向け改修
 土蔵簡易再生工事
 木部再生工事
 その他、塗装特殊塗装全般
 塗料検査代理業務
 塗料卸業務

日本の伝統建築を次世代へ!

アップルペイント|評判,口コミ,塗装 高額費用がかかるといわれている「蔵」の改修工事を、当社の蔵専用塗料と特殊技術で解体費程度の予算でよみがえらせる簡易改修工法は、全国初の技術です。

木のぬくもりを大切に…

アップルペイント|評判,口コミ,塗装 神社仏閣や文化財に昔から使われていた伝統的な特殊技術法を、当社が一般住宅用に技術開発。木部専用塗料で温かみのある風合いを取り戻す「木部再生」は高い技術の証です。

Archive

Selected Entry